さくらサイエンス
ハイスクールプログラム

レクチャーシアターで開催

 さくらサイエンス・ハイスクールプログラムは科学技術振興機構(JST)が企画し、アジアなどの優秀な高校生を招へい、日本の科学・技術を体験していただき、日本とアジア各国との友好強化、グローバル化を促進して科学技術イノベーションに貢献しうる海外からの優秀な人材の育成と継続的な交流に寄与することを目的としてます。今回、本学(国際フロンティア理工学教育プログラム)との共催により、来日したアジア各国の高校生約100人が本学レクチャーシアターにおいて、本学名誉教授 市村禎二郎先生の「燃焼の科学」と題した英語による実験講義を受講いたしました。

 最初に本学の水本哲也理事・副学長から開催の挨拶があり、次いで、国際フロンティア理工学教育プログラム主査の齊藤卓志准教授から本学概要及び本学留学に関する説明がありました。
 そして、いよいよ工藤明教授進行のもと、本番開始です。
 市村教授の軽妙なトークによる興味深い講義内容、スリリングな実験(高校生も実際に実験に参加)もともなって、あっという間の2時間でした。
 最後の質問コーナーでは、高校生達の熱心な質問が続き制限時間をオーバーするほどでした。
 市村先生、開催に携わった皆様、お疲れ様でした。

 終わった早々、JSTから来年度の実施について話しが飛び交っており、これも成功裏に終わった証でしょうか。

日時:2019年7月15日(月)14:00-16:00
場所:東京工業大学 レクチャーシアター(西講義棟1 W531)